金沢大学脳神経外科

MENU

来院される方

金沢大学附属病院 脳神経外科のご紹介

当病院の脳神経外科医師はみな専門分野を有し意欲的で、新しい治療や診断法を積極的に取り入れて最先端の診療を実践しています。

脳神経外科の治療対象疾患は、脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷が主なものですが、その他に三叉神経痛、顔面けいれん、水頭症や髄膜瘤などの先天性疾患、てんかんや不随意運動、脊髄腫瘍や脊髄血管障害に対する外科的治療を行っています。全ての領域に渡り、高度で緻密な治療が要求されますが、それぞれの患者様に対し最も適する治療法を選択し、好成績を得ています。

特に力を入れている診療、研究分野は脳腫瘍と脳卒中です。

ここ最近は血管内手術と神経内視鏡の技術進歩が目覚ましく、また従来からの手術顕微鏡を用いた開頭手術においても覚醒下手術、蛍光ガイドによる悪性脳腫瘍の描出や術中蛍光血管撮影も確立され、大学病院ならではの最新治療を実践しています。

外来について

1階に脳神経外科外来があります。原則、月水金が脳神経外科外来の日ですが、緊急時には随時対応します。

外来案内

病棟について

西病棟2階に脳神経外科の病棟があります。なお、年齢や併存疾患によっては他病棟に入院していただくことがあります。

病棟案内

手術について

最先端の機器・技術を駆使した安全で確実な脳神経外科手術を行っており、現在、年間の手術件数は約300件です。

脳腫瘍について

良性脳腫瘍は、手術による完治を目指しています。
下垂体腺腫では神経内視鏡を用いて低侵襲な手術を行っています。
悪性脳腫瘍は、手術によりできるだけ多くの病変の摘出が重要ですが、手術後の治療も必須です。
病理診断別に最も適切な化学療法(抗がん剤)や放射線療法を選択しています。
あらゆる治療手段を用いても根治の難しい悪性脳腫瘍に対する新しい治療法の確立に力を入れています。
摘出された腫瘍検体を用いて遺伝子診断や、悪性化分子の同定を行い患者様本人の治療に応用するのみならず未来の革新的な治療体系の確立を目指しています。
小児脳腫瘍は術後に化学療法が必要になることが多く、小児科との連携により、良好な成績を得ています。
脊髄腫瘍は顕微鏡下に丁寧な手術を行っており、時に整形外科との合同手術を行います。
手術顕微鏡以外に神経内視鏡,ニューロナビゲーションシステム、蛍光ガイド、覚醒下手術、脳機能モニタリングを駆使し、安全かつ高い摘出率を得ています。

三叉神経痛・顔面けいれん

片側の顔面の電撃痛(瞬間的な強烈な痛み)やピクつきは、顔面の感覚を司どる三叉神経や顔面の動きを司る顔面神経が脳幹部から出るところで小さな血管によって圧迫をうけることによって起こる場合がほとんどです。顕微鏡手術により圧迫血管を他の場所に動かすことによって根治させることができます。手術中に電気モニタリングにより圧迫が確実に解除されたことを確認できるシステムを構築しました。

小児脳神経外科

脳腫瘍や脳血管障害以外に、小児では、頭蓋骨が早い時期に閉じてしまう頭蓋骨早期癒合症や生まれつき脳室が大きい水頭症など、特殊な病気があります。これらに対して頭蓋形成術、脳室腹腔シャント術、第3脳室底開窓術などを行っています。ここでも神経内視鏡が大きな役割を果たします。

当院からのお願い

大学病院は、先進医療の実践の場です。
今後も新しい治療法や診断法を取り入れ、皆様のご期待に応えてまいります。
また、大学病院は医学部学生、研修医を養成する場でもあります。
患者の皆様の言葉が、良い脳神経外科医を育てるための良薬となります。できる限り、ご協力をお願いします。

pagetop