金沢大学脳神経外科

MENU

Information

学会

2018年05月31日
第38回日本脳神経外科コングレス総会

今回は医師3年目の小林雅明先生に、学会参加を終えた現在の心境を語っていただきました。

今回、大阪国際会議場で開催されました、第38回日本脳神経外科コングレス総会に参加させて頂きました。5月17〜20日の4日間で5000人程の脳神経外科医が参加したとのことですが、これは、日本中の脳神経外科医の半数近くが集まったとことになるそうです。私は議事総会に参加しましたが、その会だけでも1000人近くの先輩医師がおられて、その場に居るだけで身が引き締まる思いになりました。学術的な内容のプログラムには、私は時間の関係であまり参加できませんでしたが、今回初めてコングレス総会に参加し、その場の空気に触れただけでもとても刺激になりました。

学会に参加した若手医局員

学会に参加した若手医局員

コーヒーブレイクをする出村先生

コーヒーブレイクをする出村先生

新製品を試す白浜先生

新製品を試す白浜先生

当科が共同開発した通称『お箸セッシ』を試す出村先生

当科が共同開発した通称『お箸セッシ』を試す出村先生

また、2年後の2020年第40回日本脳神経外科コングレス総会は、金沢大学が主催で開催することになっております。私たちがこのような大規模な会を成功させることができるのか、と不安な思いが募る反面、学生時代に西医体を金沢大学主幹で開催した時のことを思い出し、なんだか懐かしい気持ちにもなりました。第40回日本脳神経外科コングレス総会に向けて1歩1歩着実に準備をしていきたいと思います。                

小林雅明先生

小林雅明先生

                                    小林雅明

pagetop