金沢大学脳神経外科

MENU

来院される方

対象疾患と治療

高次脳機能温存・改善のための脳神経外科手術

覚醒下手術について

脳腫瘍の手術において腫瘍を摘出し延命を目指すことも大切ですが、それ以上に手術により脳機能を温存・改善させることが重要です。つまり、人間らしく満足して生活できるかどうか、「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質、QOL)」を維持することが大切であると考えています。そのためには術中に下記の脳機能について評価する必要があると考えています。

・心の理論:人の感情を理解する
・ワーキングメモリ(作業記憶):同時に複数のことを行う
・視空間認知:見える物を理解する
・運動:手足を動かす、声を出す、物を飲み込む
・感覚:触覚、深部覚、視覚
・言語:言葉を話す・理解する

私たちは、これらの機能を最大限温存することを目的として「覚醒下手術―かくせいかしゅじゅつ―」を積極的に行っています。覚醒下手術とは、手術中に目を覚ました状態で治療を行う方法です。
この画期的な手術方法により、手術に伴う後遺症の回避に加えて、術後の早期回復、早期退院、さらには早期社会復帰が可能になることがわかっています。
覚醒下手術の入院から退院までの経過は以下の通りです。

術中マルチモニタリングシステムにて症状を正確に捉えます1.入院
2.術前画像評価(CT、MRI、ファンクショナルMRI)
 、高次脳機能評価
3.麻酔科診察
4.手術室にてシミュレーション
5.覚醒下手術
 1) 全身麻酔、開頭(無剃毛)
 2) 覚醒、脳機能マッピング、腫瘍摘出
 3) 全身麻酔、閉頭
 4) 手術終了
6.リハビリテーション
7.自宅退院

脳神経外科スタッフ以外に、麻酔科、リハビリテーション部、および臨床検査部の専門家、看護師を含む多くのスタッフの協力のもと治療を行います。手術は最新のニューロナビゲーションシステムや電気刺激装置、マルチモニタリングシステム、蛍光ガイド顕微鏡など多くの最先端医療機器を用いて行われます。脳腫瘍の病理診断の結果によって後療法が必要となることがありますが、病気の治療と同時に高次脳機能リハビリテーションを積極的に行い、早期社会復帰(手術前と同じ職場に戻ること)を目指しています。また、髪を切らない無剃毛手術を行い、美容上の問題点も最小限に抑えるよう心がけています。

覚醒下手術を行うもう一つの理由

覚醒下手術を達成するには多くの協力を必要とします脳腫瘍の患者様において、従来の大脳における脳機能局在や代表的な機能ネットワークのみでは説明が難しい新たな機能局在や神経ネットワークの存在が疑われることがあります。これらは脳腫瘍という特殊な環境により、脳機能や神経ネットワークの偏移・再構築が生じることが原因と考えらえています。このダイナミックな脳機能の変化を評価するにあたり、覚醒下手術が最も適しています。

テーラーメイド覚醒下手術

近年のメタ解析による研究により、覚醒下手術により高い脳腫瘍摘出率と良好な脳機能温存の両方が期待できることが報告されました (Hamer ら, Journal of Clinical Oncology, 2012)。しかし脳腫瘍の性質にもよりますが、一般的に脳機能を温存すればするほど腫瘍が残存するため、将来再発の可能性が高くなることが考えられます。私たちは患者様一人一人の生活環境、ご職業、ご希望に応じて、温存する脳機能を選択して手術方針を決定します。

覚醒下手術を受けるにあたって

「手術中に目を覚ますなんて怖い!」とお思いの方もいらっしゃることと思います。当院脳神経外科病棟看護師による最近の研究では、覚醒下手術を受けた患者様を対象にアンケート調査を行った結果、全員が安心して治療を受けられたというご意見でした。私たちは患者様との信頼関係を築くことを最も大切にし、安全かつ安心できる医療を提供できるよう心がけています。

臨床研究について

左:最新のニューロナビゲーションシステム(BrainLab®社 )/右:MRIから作成された三次元イメージ私たちは、機能の温存・改善を目的とした脳腫瘍手術の確立を目指すとともに、従来の機能局在・神経ネットワークに加え、新たな機能局在・神経ネットワークを神経解剖学、神経画像学、および術中電気生理学に基づき解明中です。言語機能、運動機能などの基本的脳機能に加え、心の理論、視空間認知、ワーキングメモリ(作業記憶)に代表される遂行機能―すいこうきのう―に注目し、複雑な高次脳機能における新たな神経機能ネットワークの解明を目指しています。
また、脳機能ネットワークは麻酔科、リハビリテーション科、および臨床検査部の専門家による協力のもと術中覚醒下による脳腫瘍摘出術により確認・検討され、その結果は次の手術にフィードバックされます。患者様のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質、QOL)を重視した手術を行うために、手術症例ごとに研究を重ねています。

pagetop