金沢大学脳神経外科

MENU

対象疾患と治療

概要

高次機能温存・改善のための脳神経外科手術

覚醒下手術、脳機能マッピングを行い、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質、QOL)の温存・改善を目指した手術を行っています。

24時間体制の脳卒中診療

救急部や手術部と密に連携していますので、24時間体制で脳卒中患者さんの受け入れや手術が可能です。急性期脳梗塞に対するtPA治療、機械的血栓除去も行っています。

悪性脳腫瘍に対する集学的治療

手術後、直ちに病理診断を行い、総合的に判断することで、適切な化学療法や放射線治療を迅速に開始し、治療効果を高めるとともに入院期間の短縮を行っています。

新生児から高齢者までの全年齢層の脳神経外科疾患診療

小児科や内科と連携し、新生児から高齢者までの脳神経外科疾患へのきめ細かい対応が可能です。特に小児もやもや病、脳動静脈奇形や水頭症の治療に力を入れています。

コイル・ステント・バイパス術を駆使した脳動脈瘤手術

脳血管内手術による塞栓術は無論のこと、あらゆる種類のコイル・ステント・バイパス術を駆使してあらゆる種類の脳動脈瘤治療を行っています。特に巨大脳動脈瘤や解離性脳動脈瘤に有用です。

蛍光色素を使用した手術用顕微鏡下手術

悪性腫瘍の細胞内に取り込まれる特殊な蛍光色素を使うことで腫瘍の切除範囲を手術用顕微鏡で容易に確認できます。特に、境界が不明瞭な腫瘍の場合に有効です。

脳下垂体腫瘍や水頭症に対する内視鏡手術

脳下垂体腫瘍に対しては内視鏡手術をすることで術野が広く見えるので、低侵襲となり、入院期間が短縮されました。また、水頭症に対しては神経内視鏡による脳脊髄液循環を再建することでシャントが不要になる可能性があります。

pagetop