金沢大学脳神経外科

MENU

医療関係の方

教授からのメッセージ

alu_main私は、2014年12月1日より濵田潤一郎先生の後任として、脳神経外科学教室を担当させていただいております。
伝統ある金沢大学脳神経外科学教室をさらに発展させ、広く北陸の医療に貢献できるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

金沢大学大学院医学系研究科脳・脊髄機能制御学(旧名称:金沢大学医学部脳神経外科)は、1964年6月に脳神経外科診療科が開設された後に、1966年8月に金沢大学医学部第一外科から脳神経外科部門が独立し、山本信二郎初代教授を仰いで誕生しました。日本でもっとも古い脳神経外科教室の一つです。山本信二郎教授は1988年に退官され、その後を山下純宏教授が受け継ぎ、2005年5月からは濱田潤一郎教授となりました。講座名は2001年,金沢大学大学院医学系研究科・脳医科学専攻・脳病態医学講座・脳機能制御学となり、改組に伴い2008年,現在の金沢大学医薬保健研究域 医学系 脳・脊髄機能制御学となりました。

当教室は2016年開講50周年を迎えます。歴史の新たな区切りを迎えるにあたり次の50年をどう展開していくかを教室員一同で真摯に考えていきたいと思います。

当教室は発足当初よりてんかん外科の電気生理学的研究とその臨床応用を行い、その後は脳腫瘍に随伴する脳浮腫や悪性脳腫瘍に対する集学的治療の研究を精力的に行ってきました。 今後は悪性脳腫瘍と脳卒中の基礎・臨床研究を基軸に大きく研究を展開していきたいと考えています。現在、共同研究を推進している教室は30施設以上にのぼります。異分野との融合が学問に新しい風を吹き込むと信じています。

当教室のモットーは「一緒に働ける縁を大切にして、100年後も輝ける仕事をしよう」です。
また、「北陸を脳神経外科医療最先端地域にし、脳神経外科疾患に対する医療については世界一優れた医療圏にする。」ことが教室の目標です。教室員一丸となって目の前の患者さんの治療に最善を尽くすとともに明日の医療へつなげるように誠心誠意努力していきたいと思っております。暖かいご支援を賜りますようどうか宜しくお願い申し上げます。

pagetop