金沢大学脳神経外科

MENU

業績

2014年度 業績集

論文

Nakada M, Kita D, Watanabe T, Hayashi Y, Hamada JI.
The mechanism of insensitivity against tyrosine kinase inhibitors in malignant glioma.
Brain Tumor Pahol31:198-207, 2014

 

Nakada M, Kita D, Furuta T, Watanabe T, Hayashi Y, Hamada JI.
Signaling cascades driving the malignant phenotype of glioma cells.
Glioma Cell Biology, ed. AleksiSedo and Rolf Mentlein, Springer, 47-75, 2014

 

Nakada M, Tanaka S, Ohishi M, Miyashita K, Misaki K, Mohri M, Hayashi Y, Uchiyama N, Watanabe T, Hayashi Y.
Cerebral infarction related to carmustine wafers in glioblastoma.
NMC Case Report Journal1: 36-39, 2015 [Advanced publication] Sep 30, 2014

 

中田光俊、源 利成
多機能キナーゼGSK3βを標的とした膠芽腫治療
癌と化学療法 41: 720-724, 2014

 

Hayashi Y, Okita H, Kinoshita M, Miyashita K, Nakada M.
Functional recovery from pure dyslexia with preservation of subcortical association fiber networks.
Interdisciplinary Neurosurgery 1:59-62, 2014.

 

Hayashi Y, Nakada M, Kinoshita M, Hamada JI.
Functional Reorganization in the Patient withProgressing Glioma of the Pure Primary Motor Cortex: A Case Report with Special Reference to the Topographic Central Sulcus Defined by Somatosensory-Evoked Potential.
World Neurosurg 82(3-4):536.e1-4, 2014

 

内山尚之,濵田潤一郎
最新臨床脳卒中学 「脳出血の病態生理」 
日本臨牀 72巻 増刊号7 pp291-296, 2014.

 

内山尚之,毛利正直,濵田潤一郎
再訪 特発性中大脳動脈閉塞症 小宮山雅樹編「脳脊髄血管」正常から変異,異常まで pp181-187, メディカ出版 2014.

 

八幡徹太郎,中島理帆,中川敬夫,西 悦子,毛利正直,内山尚之,濵田潤一郎,土屋弘行
くも膜下出血患者の自動車運転再開に関する小規模実態調査 
脳神経外科速報 24: 782-786, 2014.

 

Hayashi Y, Iwato M, Kita D, Miyashita K, Yoshizaki T, Hamada JI.
Adenoid cystic carcinoma in the cavernous sinus diagnosed with endoscopic endonasal approach.
Turkish Neurosurgery 2014; 24(5), 814-818

 

Hayashi Y, Kita D, Furuta T, Oishi M, Hamada J.
Endoscopic removal of subgaleal hematoma in a 7-year-old patient treated with anticoagulant and antiplatelet agents.
Surgical Neurology International 2014; 5: 98

 

Hayashi Y, Kita D, Kinoshita M, Hamada J.
Hematoma within the outer membrane of the arachnoid cyst located in the middle fossa; A mechanism of development of chronic subdural hematoma associated with arachnoid cysts.
Open Journal of Modern Neurosurgery 4, 97-103, 2014

 

Hayashi Y, Kita D, M.D., Iwato M, Fukui I, Sano H, Hayashi Y, Tachibana O, Hamada J-I.
Classification of headaches associated with Rathke’s cleft cyst according to their onset and duration: A clinical study.
Austin Journal of Neurosurgery 2014; 1(2): 1009

 

植田文明、油野裕之、林 康彦 
下垂体腺腫;頭部画像診断のpit fall:典型的所見の裏を読む.
臨床画像 30(11):1222-1236, 2014

 

見崎孝一,内山尚之,毛利正直,中尾庸人,林裕:
経上腕動脈ステント留置術におけるピッグテールカテーテルによる大動脈弓内操作を伴わないガイディングシースの誘導法
脳神経血管内治療 8:280-284,2014

 

Kita, D., Hayashi, Y., Kitabayashi, T., Kinoshita, M., Okajima, M., Taniguchi, T. and Hamada, J. I.
 “Detection of the development of late-onset idiopathic aqueductal stenosis (LIAS) by chronological magnetic resonance imaging: a case report.”
Child’s nervous system (30), 1317-9, 2014

 

Kinoshita M, de Champfleur NM, Deverdun J, Moritz-Gasser S, Herbet G, Duffau H.
Role of fronto-striatal tract and frontal aslant tract in movement and speech: An axonal mapping study.
Brain StructFunct, in press

 

Kinoshita M, Nakada M, Okita H, Hamada J, Hayashi Y.
Predictive value of fractional anisotropy of the arcuate fasciculus for the functional recovery of language after brain tumor resection: a preliminary study.
ClinNeurolNeurosurg 117:45-50, 2014

 

Kinoshita M, Kida S, Hasegawa M, Yamashita J, Nomura M.
Pathological examination of a ruptured fusiform aneurysm of the middle cerebral artery.
SurgNeurolInt, 5:465-8, 2014

 

Tanaka S, Nakada M, Nobusawa S, Suzuki SO, Sabit H, Miyashita K, Hayashi Y.
Epithelioidglioblastoma arising from pleomorphic xanthoastrocytoma with the BRAF V600E mutation.
Brain Tumor Pathol 31:172-176, 2014

 

福井一生、内山尚之、毛利正直、見崎孝一、大石正博、林 裕:
CAS後に生じたコレステロール結晶塞栓症の危険因子に関する検討
脳神経外科ジャーナル23: 981-986, 2014

 

Furuta T, Nakada M, Ueda F, Watanabe T, Arakawa Y, Higashi R, Hashimoto M, Nitta H, Hayashi Y, Hamada JI.
Prognostic paradox: Brain damage around the glioblastoma resection cavity
J Neurooncol 118:187–192, 2014

 

Furuta T, Nakada M, Misaki K, Sato Y, Hayashi Y, Nakanuma Y, Hamada J.
Molecular analysis of a recurrent glioblastoma treated with bevacizumab.
Brain Tumor Pathol. 31: 32-9, 2014.

 

大石正博,林 康彦,喜多大輔,福井一生,南部 育,宮森正郎,立花 修,林 裕,濵田潤一郎
xanthomatoushypophysitisの1例
日本内分泌学会誌 90 Suppl. 80-82, 2014

 

Sabit H, Nakada M, Furuta T, Watanabe T, Hayashi Y, Sato H, Kato Y, Hamada JI.
Characterizing invading glioma cells based on IDH1-R132H and Ki-67 immunofluorescence
Brain Tumor Pathol31:242–246, 2014

 

Echizen K, Nakada M, Hayashi T, Sabit H, Furuta T, Nakai M, Nasu-Koyama R, Nishimura Y, Taniue K, Morishita Y, Hirano S, Terai K, Todo T, Ino Y, Mukasa A, Takayanagi S, Otani R, Saito N, Akiyama T.
PCDH10 is required for the tumorigenicity of glioblastoma cells.
BiochemBiophys Res Commun444: 13-18, 2014

 

Hayashi K, Nakada M, Miyashita K, Hayashi Y, Hamada JI.
Reversible acute bilateral blindness resulting from a frontal brain tumor: A case report.
Br J Neurosurg28:793-5, 2014

学会発表

中田光俊:

ドラッグ・リポジショニングによる悪性脳腫瘍に対する新規化学療法(招聘講演)

JBICバイオ関連基盤技術研究会,平成26年1月24日,東京

 

中田光俊:

膠芽腫に対するavasitinの効果(招聘講演)

中外製薬勉強会,平成26年4月16日,金沢

 

中田光俊,田中慎吾,古田拓也,淑瑠ヘムラサビット,宮下勝吉,林 裕:

再発膠芽腫に対するベバシズマブ治療効果予測因子同定の試み

第32回日本脳腫瘍病理学会,平成26年5月23日-24日,徳島

 

中田光俊:

悪性グリオーマ手術治療における最近の進歩と我々の試み (招聘講演)

第13回呉東脳外科医勉強会,平成26年6月6日,黒部

 

中田光俊,片平拓磨,伊藤雄介,渡辺哲陽,米山 猛,林 裕:

膠芽腫浸潤領域判別を目的とした共焦点顕微鏡によるProtoporphyrin IX蛍光強度定量法

第10回日本脳神経外科光線力学学会,平成25年6月28日,浜松

 

中田光俊,中嶋理帆,宮下勝吉,木下雅史,沖田浩一,田中慎吾,林 裕:

高次脳機能温存を狙った前頭葉グリオーマに対する覚醒下手術

第12回日本Awake Surgery学会,平成26年9月11日,東京

 

中田光俊,中嶋理帆,宮下勝吉,木下雅史,沖田浩一,田中慎吾,林 裕:

右前頭葉Grade II, IIIグリオーマに対する覚醒下手術による高次脳機能温存の検証(シンポジウム)

第19回日本脳腫瘍の外科学会,平成26年9月12日-13日,東京

 

中田光俊:

グリオーマ幹細胞 (キーノートレクチャー)

第15回日本分子脳神経外科学会,平成26年9月25日-26日,山形

 

中田光俊,田中慎吾,小渕 航,大槻純男,古田拓也,宮下勝吉,寺崎哲也,林 裕:

絶対定量プロテオミクスによる新規膠芽腫サブタイプ分類の臨床的有用性の検討

第15回日本分子脳神経外科学会,平成26年9月25日-26日,山形

 

中田光俊:

脳神経外科でのけいれんにおける最近の話題  (招聘講演)

てんかん診療ネットワーク講演会,平成26年10月2日,七尾

 

中田光俊,董宇,北林朋宏,古田拓也,平尾敦,林 裕:

ドラッグリポジショニングを指向したグリオーマ幹細胞に対する既存薬剤スクリーニング(シンポジウム)

第73回日本脳神経外科学会総会,平成26年10月9日-11日,東京

 

中田光俊:

覚醒下手術の工夫 (招聘講演)

第7回東海若手脳腫瘍手術研究会,平成26年10月26日,名古屋

 

中田光俊:

ドラッグリポジショニングによる膠芽腫に対する新規化学療法(招聘講演)

Temozolomide Forum in HIROSHIMA2014,平成26年11月7日,広島

 

Nakada M, Obuchi W, Ohtsuki S, Tanaka S, Furuta T, Kitabayashi T, Sabit H, Terasaki T, Hayashi Y:

Molecular subclassification of glioblastoma based on the absolute quantitative proteomics.

Society for Neuro-Oncology 19th Annual Meeting 2014,

November 13-16, 2014, Miami, Florida, USA

 

中田光俊,董宇,北林朋宏,古田拓也,宮下勝吉,木下雅史,平尾敦,林 裕:

グリオーマ幹細胞に対して抗腫瘍効果を有する既存医薬品の探索

第32回日本脳腫瘍学会,平成26年11月30日-12月2日,千葉

 

林 裕,篠原治道,中嶋理帆,宮下勝吉,田中慎吾,木下雅史,沖田浩一,中田光俊:

Spatial working memory and dorsal fronto-parietal network subserved by the superior longitudinal fasciculus I: Anatomofunctional consideration in brain tumor surgery

第37回日本神経科学大会,平成26年9月11–13日,横浜

 

内山尚之,毛利正直,見崎孝一,廣田雄一,濵田潤一郎:

親動脈閉塞による大型・巨大内頚動脈瘤の治療成績 –BTOによるバイパス術適応決定は有用か?-

第43回日本脳卒中の外科学会学術集会,平成26年3月13-15日,大阪

 

内山尚之:

脳梗塞診療における抗血小板薬の位置づけ

Pharmacist Meeting in Asanogawa,平成26年5月23日,金沢

 

内山尚之:

加賀地区における急性期血栓除去療法の現状

プラザキサ発売3周年記念講演会,平成26年5月29日,金沢

 

内山尚之:

バイパス手術と血管内手術の組み合わせ治療(招待講演)

Endovascular & Bypass Case Conference,平成26年7月25日,名古屋

 

内山尚之, 毛利正直, 見崎孝一, 木下雅史, 宮下勝吉, 喜多大輔, 中田光俊,林康彦, 林裕:

急性期破裂脳動脈瘤の治療戦略と成績-予後不良因子の検討- (シンポジウム)

第73回日本脳神経外科学会学術集会,平成26年10月9-11日,東京

 

内山尚之, 見崎孝一,毛利正直,廣田雄一,南部 育,会田泰裕,林裕:

過灌流症候群の危険因子の同定とstaged CASの効果

第30回日本脳神経血管内治療学会学術総会,平成26年12月4-6日,横浜

 

内山尚之:

”DELTAMAXXTM”を臨床に活かすには?~最適な治療戦略とその効果~ (アフタヌーンセミナー)

第30回日本脳神経血管内治療学会学術総会,平成26年12月4-6日,横浜

 

内山尚之:

新しいコイル”DELTAMAXXTM”を試してみる!(ティーチングセミナー)

第30回日本脳神経血管内治療学会学術総会,平成26年12月4-6日,横浜

 

林 康彦,丸田高広,高守正治,菊池 勤,菊池 誠:

物忘れ外来におけるDESHの検出

第6回石川CSFフォーラム,平成26年1月11日,金沢

 

林 康彦:

脈絡叢における脳脊髄液の産生機構

第6回Study Group of CSF,平成26年2月1日,大阪

 

林 康彦,喜多大輔,福井一生,大石正博,立花 修,林 裕,濵田潤一郎:

蝶形洞内の鞍底隔壁と下垂体腫瘍の進展方向との関係(シンポジウム)

第24回日本間脳下垂体腫瘍学会,平成26年2月21-22日,福岡

 

林 康彦,喜多大輔,福井一生,筒井泰史,立花 修,林 裕,濵田潤一郎:

成長ホルモン産生性腺腫における再手術の有効性の検討

第24回日本間脳下垂体腫瘍学会,平成26年2月21-22日,福岡

 

林 康彦,喜多大輔,濵田潤一郎:

新しい脳脊髄液の再異性機構の提唱(特別講演)

第22回中部神経内視鏡研究会,平成26年4月25日,金沢

 

林 康彦,福井一生,喜多大輔,大石正博,南部 育,林 裕:

下垂体卒中様発作にて発症したラトケ嚢胞

第5回Kanazawa-Kyoto Friendship Conference,平成26年7月12日,福井

 

林 康彦、喜多大輔:

Vascular RAGE protects epithelial cells of choroid plexus?

第8回Study Group of CSF,平成26年8月2日,京都

 

林 康彦,喜多大輔:

脈絡叢における髄液産生と血管新生に関する仮説

京都髄液フォーラム 2014,平成26年8月3日,京都

 

林 康彦,福井一生,喜多大輔,大石正博,南部 育,林 裕:

下垂体卒中様の頭痛にて発症したラトケ嚢胞

第20回北陸間脳下垂体腫瘍研究会,平成26年8月23日,金沢

 

Yasuhiko Hayashi, Daisuke Kita, Yu Shimizu, Masahiro Oishi, Yasuhiko Yamamoto, Seiichi Munesue, Yutaka Hayashi:

New hypothesis of mechanism for CSF production at the choroid plexus. Hydrocephalus 2014, 2014, September 5th-8th, Bristol , UK

  1. Yasuhiko Hayashi, Daisuke Kita. Endoscopic EndonasalTranssphenoidal Pituitary Surgery. Asian Congress of Neurological Surgeon, 2014, September 8th-11th, Astana, Kazakhstan

 

林 康彦,福井一生,喜多大輔:

広範な嚢胞壁の切除を要したラトケ嚢胞の1例

第23回中部神経内視鏡研究会,平成26年9月20日,名古屋

 

林 康彦,喜多大輔,福井一生,大石正博,岩戸雅之,立花 修,林 裕:

下垂体腺腫の進展方向における鞍内硬膜と蝶形骨洞内構造の関与

第73回日本脳神経外科学会学術総会,平成26年10月9-11日,東京

 

林 康彦,喜多大輔,清水 有,大石正博,山本靖彦,棟居聖一:

脈絡叢におけるAQP-1を介した新たな脳脊髄液産生機構の提唱

第7回日本水頭症脳脊髄液学会,平成26年10月26日,東京

 

林 康彦,喜多大輔,福井一生,岩戸雅之,立花 修,林 裕:

トルコ鞍底硬膜と蝶形骨洞内構造の下垂体腺腫の進展方向への関与の検討

第21回日本神経内視鏡学会総会,平成26年11月23日,東京

 

毛利正直,内山尚之,見崎孝一,宮下勝吉,林 康彦,林 裕,濵田潤一郎:

運動誘発電位モニタリングを使用下に行った脳動脈瘤クリッピング術中における親動脈一時遮断時間の検討

第43回日本脳卒中の外科学会(Stroke 2014),平成26年3月13-15日,大阪

 

毛利正直,内山尚之,見崎孝一,林 裕:

破裂脳底動脈先端部動脈瘤に対してhorizontal stentを留置して瘤内コイル塞栓術を行った1例

第42回日本脳血管内治療学会中部地方会,平成26年8月9日,鈴鹿

 

毛利正直,内山尚之,見崎孝一,宮下勝吉,木下雅史,喜多大輔,中田光俊,林 康彦,林 裕:

未破裂脳動脈瘤の治療に伴う転帰不良要因の検討

第73回日本脳神経外科学会総会,平成26年10月9日-11日,東京

 

毛利正直,内山尚之,見崎孝一,林 裕:

過去10年間における未破裂脳動脈瘤に対する瘤内塞栓術の治療成績の変遷

第30回日本脳神経血管内治療学会総会,平成26年12月4日-6日,横浜 

 

喜多大輔,林 康彦,林 裕,渡辺卓也,橋本正明:

複数回シャント手術を行ったINPH症例

第14回正常圧水頭症研究会,平成26年2月1日,京都

 

喜多大輔,林 康彦,木下雅史,林 裕:

脚性幻視を呈した胚細胞腫の2例

第24回日本間脳下垂体腫瘍学会,平成26年2月21日,福岡

 

喜多大輔,佐野宏樹,林 康彦,谷口 巧:

脚性幻視の2例

第41回日本集中治療医学会学術集会,平成26年2月27日,京都

 

喜多大輔,林 康彦,福井一生,大石正博,林 裕,丸田高広,大江真史:

下垂体卒中にて発症した
silent mixed corticotroph and somatotorophmacroademnomaの1例

第20回北陸間脳下垂体腫瘍研究会,平成26年8月30日,金沢

 

喜多大輔,林 康彦:

若年中脳水道狭窄症スペクトラム

京都髄液フォーラム2014,平成26年8月3日,京都

 

Daisuke KITA, Yasuhiko HAYASHI, Yutaka HAYASHI, and Masaaki Hashimoto:

Young Adult Aqueductal Stenosis Spectrum

Hydorocephalus 2014, Sep. 7, Brisotol, U.K.

 

喜多大輔,林 康彦,福井一生,木下雅史,林 裕:

経時的画像が得られた若年中脳水道狭窄症の3例

第73回日本脳神経外科学会総会,平成26年10月9-11日,東京

 

喜多大輔,林 康彦,福井一生:

浸透圧利尿剤がETVの適応screeningに有効であった若年頭痛症例

第23回中部神経内視鏡研究会,平成26年9月20日,名古屋

 

喜多大輔,林 康彦,福井一生,木下雅史,林 裕:

以前の病歴および継時的画像が得られた若年中脳水道狭窄症の検討

第7回日本水頭症脳脊髄液学会学術集会,平成26年10月26日,東京

 

見崎孝一,内山尚之,毛利正直,北林朋宏,長谷川貴之,中尾庸人,林 裕,濵田潤一郎:

視野障害で発症した頭蓋内圧亢進と乳頭浮腫を伴う横-S状静脈洞の硬膜動静脈瘻の1例

第22回北陸IVNR研究会,平成26年1月11日,金沢

 

見崎孝一,内山尚之,毛利正直,林 裕,濵田潤一郎:

一般外科手術の周術期における無症候性頚動脈狭窄症の脳梗塞発症の危険因子

第43回日本脳卒中の外科学会学術集会,平成26年3月13日,大阪

 

見崎孝一,内山尚之,毛利正直,長谷川貴之,林 裕:

頚部内頚動脈閉塞症に対するステント留置術の12日後にステント移動を生じた1例

第41回日本脳神経血管内治療学会中部地方会,平成26年4月5日,名古屋

 

見崎孝一:

コイル塞栓術後の動脈瘤再発の数値流体力学(CFD)による予測

第1回日本心血管脳卒中学会学術集会,平成26年6月6日,大宮

 

見崎孝一,北林朋宏,毛利正直,内山尚之,林 裕:

10椎体にわたる広範囲な脊髄内出血で発症した脊髄シャント疾患の1例

第​42回日本脳神経血管​内治療学会中部地方会 平成26年8月9日,鈴鹿

 

見崎孝一,宇野豪洋,会田泰裕,毛利正直,内山尚之,林 裕:

Developmental venous anomalyを合併した蝶形骨大翼dAVFの1例

第4回富山ホタルイカ・カンファレンス,平成26年8月16日,富山

 

見崎孝一,内山尚之,毛利正直,林裕:

脳動静脈奇形の治療における血管内治療の安全性

第73回脳神経外科学会学術総会,平成26年10月10日,東京

 

見崎孝一,北林朋宏,毛利正直,内山尚之,林 裕:

四肢麻痺の進行性増悪を来している延髄AVMの1例

Kanazawa Neuro Summit 2014,平成26年11月14日,金沢

 

木下雅史:

脳腫瘍術後に非けいれん性てんかん重積が疑われた2例

てんかん診療を考える会,平成26年5月16日,金沢大学附属病院

 

木下雅史:

教育講演「井口で育った脳神経外科医」

井口生涯学習フェスタ,平成26年11月2日,南砺市

 

木下雅史,中田光俊,中嶋理帆,沖田浩一,林 裕:

左上縦束Ⅱの役割と温存の意義:右視空間認知との関連性

第12回日本Awake Surgery学会,2014年9月11日,東京

 

Masashi Kinoshita, Nicolas Menjot de Champfleur, Yutaka Hayashi, HuguesDuffau:

The role of subcallosal fascicle and frontal aslant tract in movement and speech.

第37回日本神経科学大会,2014年9月11-13日,横浜

 

木下雅史,中嶋理帆,中田光俊,宮下勝吉,沖田浩一,林 裕:

前頭葉腫瘍術後慢性期における空間性作業記憶障害と上縦束の関連

第87回日本脳神経外科学会中部支部会,2014年9月20日,名古屋

 

木下雅史, Nicolas Menjot de Champfleur, Jeremy Deverdun, Sylvie Moritz-Gasser, Guillaume Herbet, 林 裕, HuguesDuffau:

前頭前野グリオーマの機能的切除限界に基づく新たな手術戦略

第73回日本脳神経外科学会学術総会,2014年10月9-11日,東京

 

木下雅史,林 裕:

椎骨動脈による三叉神経痛と舌咽神経痛が合併した1例:外科的治療方針についての検討

第42回日本頭痛学会総会,2014年11月14-15日,下関

 

木下雅史,Nicolas Menjot de Champfleur,林 裕,HuguesDuffau

前頭前野グリオーマのnegative motor networkに基づく機能的切除限界:

Fronto-Striatal TractとFrontal Aslant Tractの役割

第32回日本脳腫瘍学会学術集会,2014年11月30日-12月2日,浦安

 

宮下勝吉,中田光俊,田中慎吾,古田拓也,淑瑠ヘムラサビット,池田 博子,林 裕:

胃癌を原発巣とする骨形成を伴った側頭骨転移の1例

第32回日本脳腫瘍病理学会, 平成26年5月23-24日,徳島

 

宮下勝吉,中田光俊,廣正 智,田中慎吾,大石正博,林 裕:

小児頭蓋骨原発骨肉腫の1例

第5回 kanazawa Kyoto Friendship Conference, 平成26年7月12日, 福井

 

宮下勝吉,中田光俊,古田拓也,田中慎吾,木下雅史,林 裕:

再発膠芽腫に対するベバシズマブ治療後の再増大に関する検討

第72回 日本脳神経外科学会学術総会, 平成26年10月9-11日, 東京

 

宮下勝吉,中田光俊,廣正 智,田中慎吾,大石正博,林 裕:

化学療法抵抗性であった小児頭蓋骨原発骨肉腫の1例

第87回日本脳神経外科学会中部支部会, 平成26年9月20日, 名古屋

 

宮下勝吉,中田光俊,古田拓也,田中慎吾,木下雅史,林 裕:

再発膠芽腫に対するベバシズマブ治療後MRIの経時的変化に関する検討

第32回日本脳腫瘍学会学術集会, 平成26年12月8-10日, 千葉

 

福井一生,林 康彦,喜多大輔,大石正博,林 裕,濵田潤一郎:

内視鏡下に診断した転移性松果体部腫瘍の1例

第86回日本脳神経外科学会中部支部学術集会 平成26年26日、石川

 

福井一生,林 康彦,喜多大輔,南部 育,大石正博,林 裕:

Xanthogranulomatous reactionを伴った下垂体腺腫の1例

第20回北陸間脳下垂体腫瘍学会平成26年8月30日,石川

 

福井一生,林 康彦,喜多大輔,林 裕:

腫瘍内出血を伴った下垂体腺腫摘出術前後での内頚動脈径の変化

第73回日本脳神経外科学会総会,平成26年10月9日-11日,東京

 

福井一生,林 康彦,喜多大輔,林 裕:

視床下部から発生した悪性リンパ腫の1例

第21回日本神経内視鏡学会,平成26年11月28日-29日,東京

 

長谷川貴之,内山尚之,佐野宏樹,河原庸介,濵田潤一郎:

ラット外頚動脈瘤モデルを用いた多孔質足場による血管壁再生の試み

第43回日本脳卒中の外科学会学術集会,平成26年3月13日-15日,大阪

 

河原庸介, 中田光俊, 林裕,  林康彦, 内山尚之, 植田文明, 中村裕之, 濵田潤

一郎:

髄芽腫と悪性リンパ腫の術前鑑別診断に有用なMRI所見の検討

第73回日本脳神経外科学会学術総会,平成26年10月9日-11日,東京

 

古田拓也,中田光俊,淑瑠ヘムラサビット,北林朋宏,田中慎吾,佐藤保則,田尻亮輔,林 裕:

Bevacizumabを使用した膠芽腫2症例における治療後の分子病理学的変化

第32回日本脳腫瘍病理学会学術集会,平成26年5月23日−24日,徳島

 

古田拓也,中田光俊,平山未央,宮下勝吉,大槻純男,林 裕:

定量プロテオミクスを用いた膠芽腫バイオマーカー同定の試み

第15回日本分子脳神経外科学会,平成26年9月25日−26日,山形

 

古田拓也,中田光俊,淑瑠ヘムラサビット,宮下勝吉,源 利成,林 裕:

GSK3阻害医薬品の膠芽腫浸潤抑制効果

第73回日本脳神経外科学会学術総会,平成26年10月9日-11日,東京

 

Takuya Furuta, MitsutoshiNakada, HemfragulSabit, Dong Yu, Katsuyoshi Miyashita, ToshinariMinamoto,Yutaka Hayashi:

GSK3betainhibitorydrugs attenuate invasion of glioblastoma cells

19th Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, November 13-16, 2014, Miami, Florida

 

古田拓也,中田光俊,淑瑠ヘムラサビット,董宇,宮下勝吉,源 利成,林 裕:

既存薬転用による膠芽腫のGSK3標的療法

第32回日本脳腫瘍学会学術集会,平成26年11月30日−12月2日,千葉

 

吉川陽文,上出智也,橋田耕治,Ta Minh Hieu,稲畠有規,宝田美佳,森和俊,高橋良輔,松山智弘,北尾康子,林 裕,堀 修:

Deletion of Atf6α impairs astroglial activation and enhances neuronal

death following brain ischemia in mice.

第26回日本脳循環代謝学会総会,平成26年11月21-22日,岡山

 

北林朋宏, 中田光俊, 古田拓也, 宮下勝吉, 木下雅史, 田中慎吾, 林裕:

膠芽腫に対するsupratotal resectionの有用性の検討

第73回日本脳神経外科学会学術総会,平成26年10月9日-11日、東京

 

Kitabayashi T, Nakada M, Furuta T, Miyashita K, Kinoshita M, Tanaka S, Hayashi Yu:

The impact of supratotal resection of glioblastoma

19th Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, November 13-16, Miami, Florida

 

Yasuhiro Aida, KouichiMisaki, Naoyuki Uchiyama, Masanao Mohri, Yasuhiko Hayashi, Yutaka Hayashi, Jun-ichiro Hamada:

Risk factor of recurrence after endovascular treatment of intracranial aneurysms

The International Congress on Neuroscience, Krasnoyarsk, Russia, June 19-21, 2014

 

会田泰裕,毛利正直,見崎孝一,内山尚之,林 裕:

くも膜下出血で発症した両側椎骨動脈解離性動脈瘤の1例

第5回Kanazawa Kyoto Friendship Conference,平成26年7月12日,福井

 

会田泰裕,毛利正直,見崎孝一,内山尚之,林 裕:

くも膜下出血で発症した両側椎骨動脈解離性動脈瘤の1例

第87回日本脳神経外科学会中部支部学術集会,平成26年9月20日,愛知

 

会田泰裕,見崎孝一,内山尚之,毛利正直,林 裕:

脳動脈瘤コイル塞栓術後の再発の危険因子

第73回日本脳神経外科学会学術総会,平成26年10月9日-11日,東京

 

大石正博,林 康彦,喜多大輔,福井一生,南部 育,宮森正郎,立花 修,林 裕,濵田潤一郎:

xanthomatoushypophysitisの1例

第24回日本間脳下垂体腫瘍学会,平成26年3月21日22日,福岡

 

大石正博,田中慎吾,中田光俊,林 裕,濵田潤一郎:

診断に難渋した脳幹を首座とする多発脳病変の1例

第8回日本脳神経外科学会中部支部学術集会,平成26年4月26日,金沢

 

南部 育,福井一生,林 康彦,喜多大輔,林 裕:

高ACTH血症を伴ったpituicytomaの一例

第20回北陸間脳下垂体腫瘍研究会,平成26年8月30日,金沢

 

南部 育,福井一生,林 康彦,喜多大輔,林 裕:

高ACTH血症を伴ったpituicytomaの一例

第87回日本脳神経外科学会中部支部学術集会,平成26年9月20日,名古屋

 

南部 育,木下雅史,中田光俊,喜多大輔,林 康彦,宮下勝吉,林 裕:

転移性脳腫瘍に合併した水頭症に対する手術治療指針の提案

第73回日本脳神経外科学会学術総会,平成26年10月9日,東京

 

董宇, 中田光俊, 北林朋宏, 古田拓也, 平尾敦, 林 裕

Screening of existing approved drugs for inhibiting glioma stem cell proliferation

第15回日本分子脳神経外科学会,平成26年9月25日-26日,山形

 

pagetop